KANAZAWANDER

疲れたあなたにそっと安らぎを

ウンコ漏らして仕事しても、切られる時は切られる

f:id:outdoor-kanazawa:20171003104359j:image

数年前の話。

あの時の僕は与えられていた仕事に燃えていた。

一年の期間という縛りはありつつも、頑張れば何かしら仕事を貰えるかもしれない。

仕事、ゲットするんじゃー!

 

あの頃は仕事を頑張っていた。。。

 

仕事しますか?トイレしますか?

東京での僕は颯爽としていた。

スーツを新調し、靴も新しくリーガルを購入。

リーガルの靴は硬いけどその分長持ちする。

満員電車を抜け颯爽と会社へ現れ、パソコンを一心不乱に打ち込む。あぁ、東京は最高。

 

時間はトイレで起こった。

小便中にオナラしたら聞きなれない音。

 

「パン!」

 

なんだ?オナラなのに何この音?

なんか冷たい気がする、個室に入り恐る恐るパンツを下ろすとOh NO、WHAT マイケル パンツにシミ。

オリモノ、僕にもオリモノが降りてきたァー!

 

隊長の女体化。

違う、そうじゃない、This is ウンコ。

どうしよう?

  1. 体調不良とウソをつき帰る
  2. 正直に課長に話して帰る
  3. パンツを捨てる

 

悩みながらパンツをティッシュで擦ってると意外と汚れてないことに気がついた。

いや、汁なのでシミになっているのだが、もう大丈夫そうだ(なにが?

 

よし、

仕事しよう!

 

男なら何よりも仕事を選ぶ

仕事は大切さ、何よりも優先さ。

仕事野郎な課長からたくさん聞かされてきた、仕事より家庭を選んだ男の哀れなエピソードを。

女々しい男たちのエピソードを。

俺は違う!ウンコより仕事を選ぶ!

 

数日後、出向先に課長が現れた。

 

「課長、聞いてください!僕は・・・」

 

課長は少し引いていた

課長「いや、そこは普通に帰ってよ。もし君が臭ってたら他の会社の人に「○○社のあの人ウンコ臭い、○○社はウンコ漏らす人を雇ってるのか」と問題になるでしょ?」

 

「え、いや、緊急事態でもない限り仕事が最優先と思って」

 

課長「ウンコ漏らすのは緊急事態でしょ、俺なら最優先で帰るよ」

 

ガーーーーーーーン

 

あんなに仕事優先で尊敬していた課長が仕事よりウンコを優先するなんて。。。ショックです!

 

次の契約更新はなかった

常駐先の部長がなんとか頑張って探してくれてたんだけど(多分)残念ながら僕の仕事は更新されなかった。

特殊な仕事なので、最近はお客さんも減ってきてるらしいし、まぁ仕方ないか。ウンコのせいではない、決して。

 

あの頃の東京での生活は素晴らしかった。

出産前の嫁より仕事を優先して東京に行ったけど、あれは1つのチャンスだったんだ。周囲の人に「私なら離婚する」と言われたけど、仕方ない。

仕事をモノにして、給料上げるチャンスだった。

 

結局今は失敗して手取り19万の仕事になってしまったけど、後悔はしていない。

だって、東京での一人暮らしの暇さからブログを始め、今ではこんなにも多くの友人ができたから。

 

あの時のチャンスは掴みきれなかったけど、おかげでたくさんの友人とブログに出会えた。

ハロー、僕の君たち、愛してるよベイベ。

 

今日、久しぶりにウンコを漏らした。

立ちションしながらオナラしたら、違うものが溢れてきたのだ。パンツを下ろしてたので僕は無傷だ。

 

お尻を拭きながら、懐かしい東京での生活を思い出した。みんなに出会えて僕は幸せだ、幸せなんだ。

 

カナザワンダー

Copyright© KANAZAWANDER All Rights Reserved.